無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

男と女はどちらがHなの?

相変わらず寒い日が続きますね。東京はもちろん、地方では大雪で皆さん御苦労されているかと思います。インフルエンザもそろそろ流行ってきていますし、体調管理には十分気をつけてくださいネ!


 さて今日のトピックスは…ズバリ、男と女とどっちがエッチか? という話題です。

 皆さん、どっちだと思いますか?

 今日は、それを医学的見地に基づき検証してみたいと思います。まず、「性欲」という側面から考えてみましょう。

 性欲は人間の3大欲、いわば本能の1つであり、そもそもが種の保存、子孫の繁栄のために存在しているものなのです。

 男性は、種の保存のためになるべく多くの遺伝子を残さないといけませんので、いろんなトコロに自分の遺伝子をバラまく必要があります。「男は浮気をする生き物である」とよく言われますが、これは人間の本能からきているので、いたしかたないと言えば仕方ないのです…だいぶ男性陣の肩を持ちましたね(笑)

 まぁ、動物と違って人間の場合は理性が働きますから、みんながみんな動物のように手当たり次第に…というワケではありませんが、まぁ中にはそういう方もいらっしゃるのかしら?(笑)

 一方、女性は、理論的には何十人、何百人と子孫を残せる男性と違い、生める子どもの数は限られてきます。ですから、子孫の繁栄のためには、なるべくよりよい遺伝子を残そうとする本能が働きます。

 だれかれかまわず手当たり次第にセックスしていたら、よい遺伝子を選りすぐって残すことができません。このため、女性の性欲はある程度抑えられているのです。

 以上のことから、「性欲」という面では男性の方がエッチなんですね。

 一方、こんな言葉があります。

 「男は身体で、女は脳でセックスをする」

 男性の場合、セックスの目的は射精にありますが、女性の場合は精神的なつながりに重点を置いています。どちらかというと、身体の交わりというよりはその時のシチュエーションやムードに酔いしれます。

 バラエティーに富んだシチュエーションを妄想したり、アブノーマルなプレイにハマってしまうのは、実は女性の方が多いんです。

 こういった側面で言えば、女性の方がエッチかもしれませんね!

 女性の妄想力、想像力って本当にスゴイですよ!

 何せ、ワタシも常日頃からいろいろ妄想してますから…(笑)

 ■たかぎ・きな 長野県出身。聖マリアンナ医大卒。国立精神・神経センター武蔵病院精神科を経て、横浜市内のクリニック院長。精神保健指定医。 ブログ(http://ameblo.jp/ishi−kekkonn/)。現役美人女医ユニット「Joy ☆Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。

発情期になってしまってフィストファックに

一ヶ月近く発情期なのか、ヤバイくらいしたくて仕方なくて、それなりな掲示板に書き込みしたら50件の受信!(驚
 昨日やってもいっかなって人に会えたので飲んでホテルへ。
 いやならしなくてもいぃよなんて言ってたけどそんな訳もなく、いぃよって言ったら始まった。

 心がある訳じゃないから集中できないかなとか不安だったけど、セオリー道理キスして脱がせてあそこをさわり初めてすぐ舐め始めたら。。。
 その激しさったら無かった!
 しかも明るくないと興奮しないとか言われて照明つけられて、足全開でクリトリスしゃぶられまくった。

 もぉだらだらと体液が流れ出てて、指を一本入れられた時はずるずるだったんだけど、本数がどんどん増えて、親指の付け根まで5本をぐちゃぐちゃと出し入れされた。

 そんないっぱい入れられたの初めてだったし、ほぼフィストファック状態で痛気持ちい感じ。
 空いている手でお腹を抑えてまんこの上の壁をかき回されると、体がや内ももが痙攣するのが自分の目でも見えて恐いけど感じ過ぎた。

 クリトリス吸いながら掻き回すってされまくって、やっとちんぽいれてもらったら特長あるピストン。
 まんこの上を擦る感じでめちゃくちゃ当たる!

 イキソウになると抜いてまた手で掻き回される。
 何度も何度も体を震わせて、まんこから液体が出きったら彼の唾液でまた入れて、もぉオカシクなってて前潮吹いた時とかは自覚があったけど、今回は垂れ流してるのも訳わからない状態だった。

 最後には足高くまんぐりされながら深くちんぽいれられて二人でイッタけど、体がバラバラになるあの感覚、何度も出入りした彼の手が残したまんこの痛み、なんて甘美なんだろぉ、濡れてきちゃうよ。

 明日は違う男とやる予定。
 アタシの発情期の口火を切ったのがこんなセックスなら、明日はどんなんだ?
 ヤバイね当分。

初めてだと陰部で感じるところがわからない

その日は昨日彼氏とケンカをしていたので、ベットで「ごめんね」とささやきあっていた。彼氏の部屋にはロフトがついていて、部屋を空けただけではロフトはみえなくなっている。もともと彼氏の親はのぞくような人ではないけれど、思う存分エッチなこともできるというわけ。
 彼氏はそぉっと私の太股に手をはわせてきて、私が少し拒むと、両手を上で縛られて抵抗できなくしました。
「濡れてる」とか言葉でせめられると、私のはもうずぶ濡れ。
 彼氏は経験豊富なのに対して私は初体験。恐怖があったけれど、快感と深い愛情でもぅ抱いてモードにはいっていた。

 最初はパンティの上からクリをさわっていたけど、私が声を出すのにおもしろがって、そっと手をいれてきた。
「ぁん」って思わず声を出しちゃうと彼氏のはもぅビンビンになっちゃって、入れて欲しいと私は自分から言いました。
 受け止めてあげたい愛情で幸せでした。

 彼氏は入れるんだったら唾液でいっぱいにしてくれなきゃといって私はフェラをしてあげました。
 初めての事でどこが感じるかもわからなくて、彼氏にレクチャーしてもらいながら一生懸命していました。彼氏は頭をなでなでしてくれてたよ。

 彼氏が「ふぅ」って切ない声を出すの。
 もぅ我慢できなくなったのか、体制をひっくり返すとゆっくりゆっくり入れてきた。

 最初は痛みがあったけど、動かすうちに慣れてきて、しばらくすると、もぅなんにも考えられなくなってた。
 ただ抱きついて。

 彼氏はゆっくり気遣いながら動かしてくれた。
 私が「この角度やばいくらい感じるからやめて」というと、そこばっかり突いてくるの。

 私は叫びそうになってたけど、彼氏の親に聞こえるとまずいから、我慢しなくちゃいけないのがまた興奮した。

 彼氏が耳元で「我慢できるならもっと感じさせてあげる」と言った。
 抵抗できるわけがない。

 彼氏は私の足をひらくと、ゆっくり顔をしずめていった。
 最初は舌で、クリのいじめられた。
 吸われたり、クリクリされるの。
 そして舌を固くして入れられたり、なめ回されたり・・・

 もぅ限界だったので、「欲しい」と言って、最後まで行きました★ 最高に幸せだよ。

 もぅ彼氏以外いやだなぁ♪
 これからも愛をはぐぐんでいきますw

不倫の記録その1

都子は大学の講師の奥さんの40才、私(鉄夫)は45才のダブル不倫である。この不倫の思い出を書いてみたいと思います。

 二人を乗せた車が、公園についた。少し酔った都は少し休みたいと鉄夫にささやいた。周りにはアベックの車が数台あった。
 鉄夫は「背中をさすってあげる」と言いさすり始めた。鉄夫の手が腰まで行くと都は「イヤー」と言って、もだえ始めた。

 鉄夫は背中越しに都に「何がイヤなの」とささやきながら首筋に指を這わしていった。さらに、腰からお尻に指を這わしていきながら、首筋に唇を押し付け熱い息を吹きかけた.都は「もうやめてください」と言って、鉄夫の手を遮った。
 しばらく雑談をしているうちに、哲夫は背中に手を這った。腰まで指を這わせていくと息遣いが荒くなり、「いヤーン、感じちゃう」と言って、身悶えていった.鉄夫は指を太ももや胸に交互に這わしていったが都の手の防御に合い、中々先に進まなく、挙句の果てにいすの下に体を沈めてしまった。

 鉄夫はあきらめて攻撃を止めると、「女心が分らないのね」と鉄夫にささやいてくるのだった。

 それを聞いた鉄夫は俄然張り切り、腰に手を這わしていくと都はウインドーに顔を押し付け「イヤーン感じちゃう」とさらに悶えた。鉄夫は股目に手を持っていくと、無抵抗で受け入れた。鉄夫の指がパンスト越しに触っていくと、「イヤー」と言いながらも徐々に足を開いていった。そらに、クレパスの上をなぞっていくと今度は「イイー」と何度も大声をあげて燃え上がっていった。

 すると、都は我慢が出来なくなり、「場所を替えて、セックスをしよう。いつものところ行こう。」と誘い、「私は変態なの、鉄夫さんは」と聞かれると、「俺もだよ」と思わず本心が出てしまった。
 すると「バイブとか縛ってくれない。旦那は私の事をデジカメで撮って密かにしまってあるみたい」と意外なことを言い出した。

 車が、ひっそりした場所につき、エンジンを止め鉄夫が都の首に手を這わせていくと、先ほどとはうってかわって大胆になって舌を絡めてきた。哲夫はパンティの上からの攻撃からさらに黒のパンストに手をくぐらせ、茂みに指を這わせていった。中は、思った以上に熱くなっていて愛液で一杯であった。鉄夫が指をホールに入れると呼吸が一旦止まり、絶叫の連続になり、足を高々と抱え挙げ更に開いていった。

 我慢できなくなった都は「入れて」と哀願してきた。鉄夫は 「以前のこと」やストレスで元気がなくなってきていること・・・でも、もっと大きな事として、ゴムを使わないと相手を傷つけてしまうのでは・・というものから踏ん切りがつかないでいたのだった。

 しかし、都は鉄夫のモノを優しく愛撫してくれたので、鉄夫はこれ以上、都の要求を拒むと余計傷つけてしまうと思い、都の茂みに舌を這わしていった。 そこは甘い香りと雌の味がして夢の世界に入っていった。

 臨戦体制に入った鉄夫は濡れぼそる秘境に進め押し入った。中は、鉄夫のものを離すまいという愛情が感じられ夢の世界に入っていった.・・・
(しかし、突然の電話のコール)

 身支度をした鉄夫は車のエンジンを掛けたとき、都が愛しくなり、唇と近づけていくと、二人の気持ちが一緒になり、唇を貪り合った。鉄夫は「永遠に時間が止まれと密かに思い、舌を絡めていった。 (続く)

11月○日
 二人は『赤い橋の下のぬるい水』の映画を千葉の映画館で鑑賞し、途中で軽く夕食を摂り車で16号を走っていた。二人の間にはしばらくの沈黙が走った。鉄夫は手をそっと握ると都の手は熱くなっており、鉄夫の手を握り返してきた。

 鉄夫は手を太ももに這わせていくと、熱い吐息が聞こえてきた。
 車は近くの駐車場に停め、唇を合わせていった。都の下半身は熱く燃えており、パンティの下に手を潜らせて行き、茂みの中に指を入れるとそこはもう、溶鉱炉のように熱くそして濡れぼそっていた。

 指をクリトリスから膣口の中に入れると都は狂ったように大声をあげ悶え始め、足を目一杯に広げていった。更に、指を激しく動かすと都は腰を揺すり絶叫し鉄夫の唇に貪りついてきた。

「入れて」と都は愛玩し更に足を広げていった。
 鉄夫はパンティを脱がし、熱くなった女芯を舐め上げた。都はたまらなくなり鉄夫のペニスを引き出し巧みな口使いでフィラチオを繰り返した。鉄夫は我慢できなくなり、都の足を開き、ペニスを推し進めていった。そこはペニスを離すまいと締め上げる女の性があった。

 一戦を終え身支度をした都の姿を見ると鉄夫はまた都がいとおしくなりカバンからバイブを取り出し、パンティの上から愛撫していった。

 最初のうちは「あまり感じない』と言っていた都だったが、しばらくすると腰を振り悩ましい吐息が聞こえてきた。
 パンティを下げるとそこはまたメスになっていた。

20歳年下の処女に生で精液を

先日、サークルで知り合った女子大生が就職が内定したので、お祝いにコンパで飲んでたら、以前から私に好意を持っていたようで早速ホテルに行きました。
 私も、妻以外は知りませんでしたので、20歳も年下の女性のあそこは、ピンク色で思わずむしゃぶりつきました。妻とは、お見合い結婚でしたから、そのような行為はAVでしか見たことはありませんでした。

 クリトリスを舌で嘗め回すとビックンと身体全体をふるをせて「あーいいの、いいの」と彼女がつらそうになげきます。
 私の、胸は初恋のように痛くなりとても苦しくなりました。
 確かに不倫はいけないことかもしれないけど、私の息子はいつもの倍くらいになり、今でも破裂しそうなくらい痛くなりました。

 指を入れようとしましたが、きつくて人差し指がやっとはいるくらいでした。彼女は少し痛がっていたので、「初めて」と聞くと、「うん」と小さい声で言って、うなずきました。

 私が、やめようとすると、「やさしくして」と言ってくれたので挿入の体勢ををとり、亀頭をクリから膣にかけて、何回もこすり付けてるうちに、かなり濡れて来て「あーいいの、いいの」と先ほどと同じなやましい声で私も、つい射精しまいそうな気分をぐっとこらえて挿入を開始しました。

 亀頭がまだ入りきらないのに、「痛ーい、」といって、腰を引いてしまうので、なかなか挿入できません、彼女の肩に手をかけて、体重をかけて思い切り数回くりかえすうちに何とか亀頭だけは入りました。
 そのときです、彼女が「ぎゃー死んじゃう、裂けるよー、痛い、痛ーい」と泣き始めました。

 でも、そのときの私は、冷静さを欠おり、我武者羅に腰を突き出していました。
 ギュギュギュと音がしたのと同時に「ブチ」と何かが裂けたような音とともにそれまで入り口が狭くて痛いくらいの締め付けが少し和らいだようでした。すると「うーん」といってこんどは、彼女が締め付けてくるので奥に挿入したままでしばらく、じっとしていました。

 でも、それだけで射精の波が行ったり、来たり我慢するのでやっとです。
 奥も狭くて息子全体が暖かいものに包まれているようで、まるで雲の上の天国にいるようでした。

 射精寸前の感じがずっと続いているようで、このまま、死んでもいいと本当に考えました。そして、妻が処女でなかったことを確信しました。
「だまされた」と心でつぶやき、彼女との結婚を考えつつ、少しづつピストン運動を早めてゆきました。

 彼女は、少し痛そうでしたが、「うーん、うーん」というだけで、歯をくいしばって我慢しているようでした。
 妻とは、2年くらい夫婦生活もなく一人での処理もしていませんでしたから射精の量はものすごい量だと思います。

 息子がさらに大きくなり「出すよ中に出すよ」というと、「だめー危ないからだめー中はだめー」
 数分の射精の後に彼女から離れましたが、息子は元気なままで、彼女の顔にも残りの精液が飛びました。
 結婚を考えていたので、思い切り中だししました。

 シーツは彼女のカントから、あふれ出た精液と血液で見事なくらいのシミを作っていました。

 このままでは、いけないと思い、備え付けの肩こり用のバイブをクリに少し当てると身体をビクビクさせるので、早速、バスローブのひもで両手両足をベットにくくりつけクリにバイブをおしつけじっとしていると、「いやーいく、いく」「いちゃううよー」といい、ものすごい勢いで身体をくねらせますがひもで自由がきかないので、足は開いたままです。

 なおも押し付けていると今度は、何か「しょー、しょー」と音がして、おしっこが飛び出してきました。
「ぎゃーいやーやめてー」といってしばらく動かなくなりました。

 なおも、押し付けていると今度は身体が痙攣を起こして、何か訳のわからないことを言い始めたので、やめました。

 失神している彼女に2回目の挿入をし奥の方にたっぷりと射精しましたが失神したままで尿は垂れ流しのままです。尿と精液と破瓜による血痕のついたシーツは私の宝物です。今でもその部分だけ切り取ってしまってあります。

 彼女は、それ以来行方がわからず、あっていません電話も換えたようですし住所も変わったようです。あのときのSEXが忘れられません。

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close