無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

女子高生は検診ではブラジャーを外すべきか!

 女性の聴診でブラジャーを外すかどうか。診察を受ける女性患者の側のみならず、医師の間でも論争のテーマとなってきた。

 いまだにコンセンサスがないと言っていいだろう。昨年9月、文部科学省の「今後の健康診断の在り方等に関する検討会」で、そんな現状を浮き彫りにする報告があった。検討会では内科健診のプライバシー保護の問題を取り上げ、着衣で受診する学校は、小学校で6割、中高校で7割程度と対応が統一していない状況を説明。診察時に介助人を置く学校についても、小中高ともに約3割程度と、やはり対応が統一されていない状況を示した。

 聴診での対応をめぐって問題も起きている。2007年、北海道の公立高校で内科検診の際に、学校医がブラジャーを外したといった苦情が相次ぎ、検診が中断となったことまであった。


1,外す 心音、肺音はじめ診断に必須

 臨床の検査を正しく行う観点からは、「ブラジャーを取るのは当然」という考え方はあるだろう。

 まず、ブラジャーがあると正しい心音を聞くのは難しい点は重要になる。心尖部をはじめ、部位ごとの異常を探るためには、胸骨に沿う形で聴診器を当てていく。ブラジャーの布が覆っていると、素材そのものが邪魔をすること、厚い乳房組織が邪魔をすることの2つの問題が出てくる。

 肺音を聞くためにもブラジャーは障害となってくる。気管支音、肺胞音、雑音と聴取する上ではやはり心音で問題となるのと同様な問題がある。さらに、ブラジャーで胸郭を締め付けることで、呼吸音に影響が出てこないとも言いきれない。

 乳房の形や皮膚の状態を見るという聴診に伴う側面も指摘できるだろう。

2,着用 プライバシー保護を重視

 男性患者では上半身を何も付けない状態にするのに対して、女性患者ではプライバシーの問題が生じる点は重要だろう。その点から、ブラジャーを付けたままで聴診をする選択肢は出てくる。

 医師にとっては心音や肺音の聴取で障害は出てくるものの、最低限の診察はできるという見方はあり得る。医師からのセクシャルハラスメントのような問題が生じる可能性を考えると、可能な限り女性のプライバシーを守るべきだという考え方もある。一律にブラジャーを外させるのではなく、必要な場合に限って取る選択肢もあり得る。

 ある程度のコンセンサスを作り、問題が生じないような対応を講じることは意味があるだろう。

 | HOME | 

Calendar

« | 2013-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close