無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

19歳、趣味はサッカー、彼女募集中だよ!

「趣味はサッカーの19歳。彼女募集中です!」。爽やかな誘い文句と白い歯をのぞかせるアイドルっぽいイケメン画像で少女たちをだまし、次々とわいせつ行為に及んでいた41歳の男が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(買春、製造)などの容疑で大阪府警に逮捕された。少女たちをおびき寄せたのは、出会い系サイトでもSNSでもなく、ただのブログ。

イケメン男子の画像、甘い言葉のメール、そして最後は「元ヤクザ」と恫喝…。少女たちの淡い恋心を弄び、被害届すら出せないほどの心の傷を負わせた卑劣な手口とは。

 ■発覚のきっかけは痴漢

 平成24年6月、大阪市北区の中津駅で、阪急宝塚線の電車内で府内の高校2年の女子生徒(16)の下半身を触ったとして男が現行犯逮捕された。それが住所不定の無職、福本純久被告(41)=公判中=だった。

 事件はこれだけではなかった。大阪府警大淀署の捜査員が福本被告の携帯電話を調べたところ、看過できない画像が次々と出てきた。10代と思われるまだあどけない少女の裸の画像。捜査員が問い詰めると、福本被告は驚愕の“入手ルート”を明かした。

 福本被告の手口は以下の通りだ。インターネット上にブログを開設し、プロフィル欄にはネット上で見つけた別人の画像を勝手に使用。茶色に染めた髪を短く整えた一般人のイケメンだ。年齢は19歳。さっそく書き始めた日記の内容は、若者に人気のミュージシャンやスポーツの話題など、他愛もないものばかり。自分からは女性にメールを送らず、ひっそりと獲物が近寄ってくるのを待った。

 間もなく、“同年代”の少女らからコメントが付き始める。すると、さっそくメールアドレスを聞きだし、個別にやり取りをスタート。受験を控えた女子生徒らからは悩みを聞いてやり、勉強を教えることもあった。朝の「おはようメール」から「今サッカーしている」などこまめにメールを送り、徐々に「好きだよ」などと甘い言葉をちりばめる。女子生徒はすっかりイケメンと交際している気分になっていた。

 ■「そいつはヤクザ」の本人登場

 「今度会おうよ」。女子生徒の心をつかむと、福本被告はいよいよ仕上げにかかる。「大好きな彼にやっと会える」と期待に胸を膨らませる女子生徒。だが、待ち合わせ当日、姿を見せないで1通のメールを送りつける。「遅れるので友人とホテルで待っていてほしい」。

 しばらくすると、気落ちした女子生徒の前に男が姿を現す。19歳のイケメンとはかけ離れたくたびれた中年男。それが福本被告だった。普通なら疑うところだが、恋に落ちている女子生徒は「大好きな彼が自分を裏切るわけがない」と、福本被告に連れられるままラブホテルに入ってしまう。

 ホテルの部屋に入ってまもなく、再び女子生徒の携帯電話にメールが届く。「その男は元ヤクザだから言うことを聞いた方がいい」。突然の恫喝におびえる女子生徒に福本被告はゆっくりと近づき、体に手をかける。まずは裸体を撮影し、その後、性行為に。ただ、抵抗された場合はおとなしく引き下がる。脅し文句を言ったり、乱暴を加えたりすることはない。それでも、女子生徒は余りの恐ろしさに福本被告の言葉に従ってしまうという。

 待ち合わせ当日に送るメールの文面をわずかに変えた場合もあったが、大体はこの手口で犯行に及んでいたという。同署は今年1月、大阪や奈良などの13〜17歳の中高生8人にわいせつ行為をしたとして、福本被告を大阪地検に最終送致した。

 被害者の中には犯行当時はつい半年前まで小学生だった中学1年の女子生徒も含まれていたほか、2年間で4回も被害に遭った女子生徒も。また、福本被告の“リクエスト”にこたえ、通っている学校の制服を持参した被害者もいたという。

 ただ、「これはあくまで氷山の一角」(捜査関係者)という。福本被告は「若い子の制服姿が好きだった」とゆがんだ性癖を告白するとともに、「ほかにも20〜30人くらいの中高生に同じようなことをした」と供述。しかし、被害に遭ったという女子生徒宅を捜査員が訪れると、多くの少女が沈痛な面持ちでこうつぶやいた。

 「もうそのことを思い出したくないんです…」

 淡い恋心につけ込まれ、心に深い傷を負った少女の多くは、被害届の提出もできず泣き寝入りするしかなかった。










【実況 生オナニー】欲望に耐えられない女達が待機中

発情したギャル達が、貴方に見られ・遊ばれ・イカサレルのを待っています

貴方の前でイカセテ!好きな道具で自由に操り可能

最新技術の高画質・音声、実況チャット・覗きサービス

Fカップ美女がパイずりすれば、ロリ娘がM字開脚で

ピチャピチャ指マン、欲求不満主婦がバイブで悶える


学生、OL、主婦まで、好みの彼女の部屋に侵入!

▼ 今日はどの子とプレイ?人気女の子検索 ▼

Fカップ 】 【 おもちゃ 】 【 1人エッチ

50歳の私と芸能界の少女との関係

私は50歳。近所に住むあいちゃんという女の子との体験をお話しましょう。

 近所に住むということでよく挨拶をしていたのですが、たまたまある日曜日に出かけようとしたら、途中で一緒になり、彼女と一緒に本屋やアクセサリーの店に行ったりしました。

 その日一日ですっかり意気投合して次の土曜日も一緒に行こうとなり、それが重なってついにセックスする関係になりました。
 そのとき彼女は12歳。年甲斐もなく好きになり彼女に告白すると彼女も同じ気持ちでという成り行き。夏休みのことでした。

 場所は一流のシティホテルで、お泊りはできないので、彼女は夕方には帰ってもらいました。

 最初は大変に痛がり、なかなかうまくいかなかったのですが、思い切って挿入。

 数回は痛さで気持ちよいどころではなかったとのことですが、20回目のセックスでついに気持ち良さを味わったといってくれました。

 それからしばらくして絶頂感を味わうまでに至り、声を出すようになりました。またいろんな体位にも応じてくれたり、中出しも。

 中学に入る頃には、ほとんどの体位を体験して、こちらがたじたじするほどのテクニックを身に付けてしまいました。

 周辺からはあどけない美少女という評判で、セックス体験豊富とは想像もできないと思いますが、毎日でもしないと我慢でいないという状態。挿入も実にスムーズでもはや中学生とは思えないほどです。

 しかし、彼女が中学2年になった時点である事情があって別れました。彼女が芸能界にデビューすることになったからです。

 今、彼女はあるCMに出ています。CMで見せるういういしい顔を見ながら、ベッドでの表情を思い出しています。









【100% 素人】 抑えきれない性欲発散サイト

理性を覆し発情してしまった素人娘の大胆行為にムラッ!

シナリオ無し!理性を覆し発情してしまった素人の

大胆行為にムラムラッ…。あの手この手でイカせて!

出張美容師が我慢出来ずにトイレでオナニーすれば

ロリ系マッサージ師が、睾丸を優しくもみもみご奉仕


無料ストリーミング作品を丸ごと一本プレゼント!

▼ 無修正動画一覧 ▼

隠しカメラ 】 【 マッサージ 】 【 強制中出し


長さ210mm その4

バックの体勢にさせて、髪をおもっきりつかんできました。

「これからが、本番だよ。。」と耳元で言うと、いっきにまた入れてきました。
 普段から鍛えているのと、若いせいで、もうあえぐ余裕も出来ないぐらいものすごい速さのピストンでした。

 ギシギシとベッドが音を立ててゆれていました。
 そして、すばやく紐をはずして私の両腕を後ろからつかむとまた激しいピストンをしました。

「アア! さやか。。。いいよすごく。」
 そして、気持ちよすぎて半泣きの私のアナルをピストンをしながら、つばをつけて指を入れてきました。

「もっとほしんだよな?」と言うと、アレを抜いてなんとアナルに無理やり入れてきました。

「痛い!!! 辞めて!!! お願い! いや〜!!」
 今度はエクスタシーと痛いので涙がもっと出てきました。
 しばらくアナルはやっていなかったのと、かなり大きいのでかなり痛く、一回抜きました。

 彼はアナルにつばをたくさんつけると、「大丈夫だよ。リラックスすれば。」といいまた入れてきました。
「ああ!!!!」
 今度はスームズにはいったのと、おまんことは違う性感で、思いっきり叫んでしまいました。(たぶん近所に聞こえた。)

 全部おくまで入れると、ゆっくり体を倒して追いかぶさってきました。
 少し私の足を開かせ、ゆっくり出し入れされ、気持ちよすぎてもう言葉も出す余裕がありませんでした。

 耳にキスをされ、胸を後ろからつかみ、乳首を刺激すると、ピストンをしながら前に手をまわして、クリちゃんを刺激したり、おまんこにも指を2本入れて出し入れしてきました。

「うう。。。アア〜ん。良すぎるよ。。。。アア。」
「好きだろ?こういうの?」
 そして、またバックの体勢にさせて、最後に激しく残った力でものすごい速さで腰を動かされました。

「いいいいや〜!!!!! だめ!!! アアアア!!!!」
「さやか、俺もいくよ!!!! アアアア!」
 トムはアレを急いで抜くと、私の背中にすごい量の白い液を勢い欲出しました。。。。

 終わったあと、飲み物を取りにリビングに行くと、消すはずだったろうそくは消えていました。そして、BGMがかかっていた事をすっかり忘れていました。

 ものすごく、気持ちいセックスでした。この後何回か彼とはエッチをする仲が続きました。

長さ210mm その3

おまんこから出てくるジュースは太ももをつたって、フローリングの床にドンドンたれていきました。買い  ただひたすらグチュグチュ、ヌプヌプとやらしい音だけがベッドルームに響いてました。

 あまりにもすごい量のジュースで、途中すべってころびそうになるぐらいでした。

 そして、2本指で激しい動きをさせながら、違う指でアナルも刺激してきました。

「いいだろ?」と言いながらアナルにも指の先端をいれてきました。
 そして、もう片方の手でクリちゃんも激しく舐めながらいじめられ、アナルとおまんことクリちゃんを同時にグチョグチョに刺激されてた私は、「ああああ!!! い〜!!! いや〜!!!! いっちゃう、いっちゃう!」と叫びながら、いってしまいました。

「すごい濡れちゃったね。」とトムが言うと、熱く激しいキスをされ、ベッドに半分押し倒される様なかたちで、横にさせられました。

 そして、ゆっくりと笑みを浮かべながら、ジーンズを脱ぎ始めました。
 その頃には、うっすらと外が明るくなってきてました。

「トムのが早く欲しいよ。」と言うと、「まだだよ。」とウインクをして、トランクスだけになりました。

 トムのあれはトランクスの下から、かなり立っていました。ゆっくりと私の太ももの間に入るように、追いかぶさるようにして、体を重ねてきました。両手を握るたびに、キスと腰の動きが強くなりました。そしてトランクスの下で硬く大きくなっているあれを私のあそこに押し付けてきました。
 じらされて、我慢できなくなった私は、トムを仰向けに寝かせました。。。

「今度は私の番だよ。」といって、キスをしながら、首筋、乳首、腰、太ももを丁寧に舐めて、またキスをしながら、トランクスの上から手でゆっくりとやさしくアレを触り始めました。

 そしてその手をトランクスの中に入れて優しく握ると「アア。。。」とトムが吐息を出しました。

 その時です、根元から握ったら、すごい大きさで内心驚いてしまいました。
 握った手をゆっくりと上下に動かすと、彼のおなかの筋肉がビクビクと動きました。

 散々じらされたので、お返しに私もトランクスを脱がさずに、だんだん力を入れて動きを早くさせました。
「アア!いいよ、すごく。。。」彼のアレはガチガチに固くなってきました。

 我慢できなくなったのか、自分からトランクスを脱ぐと、彼の固く大きいアレはそり立っていました。

「さやか。。。しゃぶって欲しい。」と少し甘えた顔をしたので、ゆっくりと上下に片手で動かしながら太ももの内側からアレの根元まで舌で舐めると、ハアハアと呼吸がだんだん荒くなってきました。

 そして、舌の先で少しづつ根元から先端まで舐めて、尿道の先を唇で少し吸い付きながら、舌でペロペロとなめると彼のアレの筋がビクンと動きました。
 彼を見つめながら、胸の間に挟んでいたずらっぽい顔をして舐めるとかなり興奮したみたいで「さやか、もっとして。」と言いました。

 舐めながら片方の手でタマチャンをやさしく包み込みながら触り、徐々に口のなかに彼のアレを入れて、舌の先で尿道や頭の周りをべろべろと舐めながら、上下にスピードをつけながらしゃぶると、彼の呼吸はかなり激しくなりました。

 チュポチュポと音をたてながら何回も激しくしゃぶった後、私の唾液でピカピカになったアレを指で先端を刺激したり、握りながら今度はタマちゃんを舐めました。

 そして口に片方ずつ含んで、最後に両方いっぺんに口の中で舐めまわすと、「ああ!ハアハア。ううう。」と言い、またアレをかなり激しくしゃぶると、「ああ!」と私の口の中でいってしまいました。

 ドクドクと口の中にドンドン出てくる白い液を飲んであげました。そして、抱き寄せて少し休むと、20歳の若さか、自分でしごき始めてすぐまた硬くたってきました。。。

 床に落ちてたバスローブの紐を取りに行くと、「楽しみはこれからだよ。」と言い、横になってた私の手首を、突然強く結んでしまいました。

「いや!何するの??!」と言う私を無視して、紐の先をベッドに結び付けて、自分でほどけないようにしました。(後から聞いたら、小さい頃ボーイスカウトにいたことがあり、いろんな紐の結び方を習ったとの事。)

「さやかは汚いセックスが好きだろ?」といい、口の中にアレを入れてきました。

「うぐっ、うう。」しゃぶっている間、またクリちゃんをつばをたくさんつけて、激しくさわり始めました。

 気持ちよくて、ついついしゃぶるのがとまると、頭をつかんで動かしました。
 そして、私の下半身に行くと、両手を使って指であそことアナルに思いきり指を出し入れしました。

「ああああん!!!いや!!はああ!ああ!」
 二つの穴の中でゆっくり、そして時には激しく違う指の動きをするので、あっという間にまたぐチョグチョになってしました。
 その間、乳首もしゃぶられ、かなり立っていました。

「トム! 早く入れて!あなたのが欲しい!!」
「え? もう?? さやかはいけない子だね。」と言うと、グチュグチュグチュ〜と思いっきり両足を広げ最後に潮をふくまで、指を動かしました。

「いいい!!!いや!!ハア〜ん!!アア!」力尽きた私に、トムが私を見ながら、硬いアレでまんこをパンパンと叩くと、先端だけ少し出し入れしました。
「本当に俺のほしいの? 覚悟は出来てるの? どうなっても知らないよ。。。」

「早く入れて!」
 トムは約長さ21cm、たぶん直径4.5cm〜5cmあるアレを一気にヌプヌプと音をたてながら入れて、私に重なってきました。

「あ!!!! ああああ!!! いや〜!!! 大きいよ!! アア!」
 それは今までにあまり味わった事のない性感でした。

 必死に彼の肩や腰をつかんでいるのが精一杯で、彼はドンドンスピードをあげてきました。

 そして起き上がって両足ををしっかりつかむと、すごい勢いでパンパンと奥の奥までついてきました。
 時にはしなやかにゆっりと腰を動かされました。。。二人のつながっている部分のシーツはビショビショでした。

「だめ〜!!!!いっちゃうよ!!アア!!もうだめ!!本当にだめ〜!」と抜こうとすると、今度はがくがくの私をうつぶせにしました。

 | HOME | 

Calendar

« | 2013-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close