無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

長さ210mm その2

 ドンドン下半身の力が抜けていくのに、トムは無理やりまだ私を壁に押し付けたまま、立たせていました。

 彼のものを触ろうとすると「まだだよ。」と言って、パンツの中に入れてる指で乳首をを舐めながら、くりちゃんをの先だけ触り始めました。
「う、あっ。。。ああ。」

 色気のある笑みを時々浮かべながら、あえぐ私をよそに半分私のおまんこがパンツの間から見えるぐらいずらして、くりちゃんを激しくもっとゆびでさわりました。
 人差し指で上下にドンドン早くスピードをあげて触わられているクリちゃんはドンドン勃ってきました。

「アア〜ん!! いやあ! 気持ちいよ。ああ。」
 そして一気にパンツを下げると、まだ立たせたまま、トムがしゃがんで片足を上げさせた状態で、まんこを指で広げました。

「さやかのあそこを濡らすからね。。。」と言うと、さっきまで激しく触っていたくりちゃんに顔を近づけて、舐め始めました。

 ピチョピチョ。。グジュ〜とわざと大きい音を立てながら、私の目を見つめながら両手で花びらを広げて、あらわになった私のくりちゃんを舌の先で器用にクチュクチュと強く唇を押し付けながらおもっきり舐められ、頭の中が真っ白になりそうでした。
「アア!!!!いや〜ん!!!ハア〜ハア〜」

 そしてくりちゃんを舐めながら今度は唇で吸い付いてきました。
 舌で回転をしながらクリちゃんの周りや先を強弱をつけて舐めたり吸ったりされました。そして、時には軽く歯で軽くかまれると、私の体はビクビクと反応をしていました。

「アア!トム良すぎる!!アア〜ん」と彼の頭をつかんでいると、今度は舌をおまんこの方まで伸ばしてきました。

 グチュグチュとドンドン奥の方まで舌を全部いれてると、なかでおもっいきり動かし、また抜いてクリちゃんまでまんこに沿ってまた上に舐めながら戻ってくる行為を何回も繰り返されました。

「すごい濡れちゃってる。。。もっとあえがないとやってあげないよ。」と時にはじらされながら、唇でおまんこや花びらに吸い付くと、指につばをつけてくりちゃんをまたはげしく触ってきました。

「トム、もう立ってられないよ!」と言っているのに、ガクガクになっている片足を彼の方に乗っけて、私の腰を支えると、また目をみつめてそして人差し指をまんこの中に入れてきました。

「ああん!!!」
 最初はゆっくりと出し入れをしたかと思うと、徐々にスピードをあげてきました。そして中指も入れてきました。

 グチュグチュグチュ! と激しい音をたてながら、おまんこの中で指を左右にそして回転をさせながら動かすと、おまんこから大量のジュースが出てきました。

「アアアア!!!」とほとんど絶叫に近い声を出してしまいました。
「すごいセクシーだよ」とトムは言いながら、その指を一向に止めず、舌でくりちゃんを舐めてきました。

長さ210mm、太さ45mm その1

 こないだ友達と都内のとあるクラブに行った時、彼女の大学の友達で20歳の白人の男の子を紹介されました。程よいブロンドで、きれいな青い目で、可愛い笑顔の声がセクシーな男の子でした。(仮名トム)

 ほとんど英語でしたが、英会話を勉強しているのでそれなりに会話がはずみ、お酒を飲む量も多くなり盛り上がってきました。

 そして踊りも楽しみ、酔っていたので友達と彼と私のマンションに帰ることになりました。

 かなり話は盛り上がっていたけど、トムは途中でシャワーを借りて戻ってくると(踊って汗だくだったらしい。)、いつのまにかソファーの上で寝てしまいました。

 その時に見た、鍛えられたトムのたくましい腕にドキッとしてしまいました。。。
 結局友達はタクシーで帰宅してしまい、起きるまで彼をそっとしておく事に...

 布団をかけてあげた後、私もシャワーを浴びてリビングの電気とロウソクを消そうと戻ったところ、トムが起きてビールを飲んでいました。

 寝ていると思ったので、バスローブ姿だった私は「あ、ごめんなさい!」と言いました。少し電気が薄暗く、ろうそくの明かりの中で、ソファーに座っていた彼は「気にしなきていいよ。」と少し大人びたような笑みをしました。

 とんとんと手でソファーの座るところを軽くたたくと、「隣に来てよ。」と言いました。

 二人っきりだし、バスローブ姿でしかもノーブラで恥ずかしかったけど、どこか心の中で何かおきないかな。。。なんて思っていました。

 あまりくっつかないように隣に座ると、「まだ髪が濡れてるね。。。いい香り。」と少し顔を近づけてきたので、心の中を読まれたか!? と思いごまかすように、軽くBGMをかけて私もビールを飲みました。

 落ち着いている彼は、私の様子を楽しむかのように、肩に軽く手をまわしてきました。

「実を言うとさやかと二人きりになりたくて、寝たふりしてたんだ。ごめんね。」と言って見つめると、突然手を強く握って首筋にキスをしてきました。

「ア...トムだめだよ。」と言って手をはなそうとしたら、「怖がらないでよ。」とまた手をつかんで、今度は強引に唇を重ねていました。そして私の顔を引き寄せて、舌を入れてきました。だんだん私から力が抜けてくるのがわかると、強く舌を入れてきて、時には唇を味わうように強く吸ったり、お互いに舌とつばを絡ませていやらしい音を立てて、キスだけで気が遠くなりそうでした。

「アア。トムだめ。。ああ。」
その時には私のバスローブの紐が少しほどけて、胸の谷間が見えそうでした。

「さやかのキスはセクシーでスイートだね。」というと、さっき出しておいた目の前にあるコーヒーテーブルの上にあるイチゴをとると、クリームをつけて、私に口渡しをしてきました。

「グチュ、ジュルジュル。」激しいキスのせいで、最初は形のあったイチゴが、お互いの口の間でだんだんジュースを出して唇と一緒に口の中でグチョグチョになっていくのがわかりました。

「トム、やらしいよ。感じちゃう。」そしてトムは滴り落ちるジュースとクリームを舐めました。
 そしてもっとクリームをつけた2個目のイチゴを半分だけ噛むと、なんとバスローブからはだけそうな私の胸の谷間に転がし、落としました。

 少しずつバスローブを脱がすと、はだけた私の胸にクリームがたれていきました。

 そしてトムがイチゴを食べると、残りのクリームをもっとたらしてきました。。。もっと色々愛撫して欲しいのに、なかなか先に進んでくれないトムはキスをして、首筋から、ゆっくり私の胸の周りから舐め始めて、円を描くようにだんだん乳房から、そして乳首とクリームを味わうように、私の顔を見ながらペロペロと舐めました。

「ア〜ああ。いい。アア。」
 笑みだけ浮かべると、言葉も少なく、チュパチュパと乳首を強く吸い始め、そして時には軽くかんだりしました。
 片手で、胸を揉むと、トムもだんだん燃えてきたのか、Tーシャツを脱ぎました。

「今夜は寝かせないよ。。。」と言い、少し日に焼けている鍛え上げた、胸板の厚いトムのきれいな上半身が見えました。腰の筋肉を見て、かなり興奮してしまいました。すでにその時はジーパンの下から、彼のあれが大きくなってるのがわかり、ベッドに抱えられるようにして移動しました。。。。

 トムはさっきと違い、突然荒くなってきました。
「ア!いや。」
 そしてバスローブを一気に脱がしました。そして壁に強く押してきました。。。

 そして、パンツだけの姿にした私を楽しむかのように、激しいキスをしながら立ったまま、片足を抱えてパンツの間から、あそこをまさぐる様に、指を入れてきました。

「あああ!!いや〜!!うううあああ!」

 続きはまたすぐ書きますね。お楽しみに。(これからが熱いんだ!待っててね。)

生命保険の営業で丁寧に舐める

私の仕事は俗に言う生保レディです。
 そして、私の彼は、私が仕事で回っている会社の人です。

 週末の金曜日の夜から日曜日は、私の家で過ごすのが日課になっていました。実は、彼、44歳の妻子持ちなのですが、9歳も年上の奥さんにとうとう感づかれてしまい、ここ2〜3か月、プライベートでは会っていませんでした。

 その日いつもの様に夕方、営業活動をしていました。
 一通り営業も終わり、帰ろうかと思ったら、携帯が鳴りました。
 彼からの電話で、3階の応接にいるから、急いで来て欲しいというので、何事かと思い、すぐに飛んで行きました。

 部屋に入ったとたんに鍵を締めて、すぐはじまりました。
 もともと大きく長い彼なのですが、いつもの2倍くらい大きくなっているものを丁寧に舐めてあげて、おいしく吸っていました。

 吸いながら、私もソファーから床にしたたり落ちる位びしょびしょになってしまいした。

 二人ともすぐにいきました。私の中からドロドロしたものがたくさん出てきました。それでも、まだ、満足できずに、今度は、同じフロアーにある女子トイレでやりました。

 あの日以来、1週間に1回は、彼の会社でしています。
 トイレが殆どです。たまに、お昼休みにすることもあります。
 とっても、スリリングでベッドの中より、何倍も感じます!
 しばらくは、病み付きになりそうです!

中学生、13才で初めて口に出した初体験

13才で初体験しました。

 そのときは教室に彼女しかいませんでした。当時はまだ中学生になったばかりだったんだけど、その子(美奈)に一目惚れしていた俺。

 話す機会もなく、まだ一回も話をしたことがありませんでした。
 そしたら、この日の宿題を聞いてきて・・・。

 もう俺は何がなんだかさっぱりわかりませんでした。それで、こっちから話題をかえて話をしていたら、どんどんヤバイ方向に・・

 美奈は処女だということがわかり、最高に興奮していた俺は、「気持ちよくしてあげようか?」

 ああ、俺はなんという莫迦なんだ!!初めて話したばかりなのに!!
 すると、「ええ〜、う〜ん・・やってみようかな?」

 それを聞いた俺は、服の上から胸をさわりました。なんの抵抗もありませんでした。

 服の中に手をいれ、しばらくもんだあと、立って、と言ったら立ってくれたのでパンツの中に手を入れました。

 美奈の方は声を押し殺していたようです。そして、初めて入れました。なんか両親に悪いような気もしましたが、きもちいい〜。

 中出しはやばいかなと思い、口の中に出しました。そしたら、飲んでくれました。
 ああああああああああああああああああああっ!!!!!
 と言ってしまいました。
 なんかめちゃ恥ずかしかった。

 終ったあとに、「付き合って」っていわれました。
 もちろんOKしました。
 今では美奈もいっぱいあえいでくれるので、うれしいです。

AV女優をパパに認めてもらって




バラエティー番組や映画、ドラマなどにも活躍の場を広げている「AV女優」。女性ファンも増えてきて、社会的な認知度が高まり、以前より明るく語られるものになってきた感があるという。

 そんな中、あるAV女優が実父に「AV女優になりました」と告白する赤裸々なブログを公開した。インターネット上では、精神を病まないかという心配の声や、父の心情を慮る声が上がり、話題になっている。

■「グラビアとかやってないよね?」父の電話にパニック

 2012年12月にデビューしたばかりのAV女優・山川青空(やまかわ・せいら)さんが、13年1月7日に「パパへ 私はAV女優になりました。」というタイトルのブログを更新した。

  「黙っていてごめんなさい。嘘をついてごめんなさい。自分の口からきちんと説明できなくてごめんなさい。『おまえにそっくりな子が雑誌の表紙になってるけどおまえじゃないよな?2冊もあるんだけど、グラビアとかやってないよね?』パパは私に驚きを隠せない様子で電話してきたよね。私は突然のことでびっくりしてしまって何も言い返せず『折り返し電話します。』と言って切ってしまってそのあと何度も何度も電話がかかってきたけど電話に出ることもメールの返事をすることもできなかった。なぜなら、パパが電話してきたのが4回目の撮影2日目の前夜だったからです」

 こんな赤裸々な告白から始まるブログでは、父からの連絡でパニックになったがAV女優の山川青空として撮影を頑張って乗り切ったこと、いじめやひきこもりの経験がありながら有名大学に進学し教師になるため塾でアルバイトしていたことなどを明かした上で、「きっとパパにとってはそんな頑張りなんて何の価値もなくただただ苦しかったよね。ごめんなさい。本当にごめんなさい」「AV女優という道にたどり着いてしまってごめんなさい」と謝罪の言葉が並ぶ。

 しかし、最後には「逃げることは簡単だし今やめることもできるけど でも、今やめてしまったらなおさら消したい過去になってしまう」「AV女優としての私を受け入れなくていいから、ただ私の信じる道を信じてください」と父に呼びかけ、AV女優としてこれからも頑張っていくという決意表明をしている。

 | HOME | 

Calendar

« | 2013-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close