無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

13才での初体験について

13才で初体験しました。

 そのときは教室に彼女しかいませんでした。当時はまだ中学生になったばかりだったんだけど、その子(美奈)に一目惚れしていた俺。
 話す機会もなく、まだ一回も話をしたことがありませんでした。
 そしたら、この日の宿題を聞いてきて・・・。

 もう俺は何がなんだかさっぱりわかりませんでした。それで、こっちから話題をかえて話をしていたら、どんどんヤバイ方向に・・
 美奈は処女だということがわかり、最高に興奮していた俺は、「気持ちよくしてあげようか?」

 ああ、俺はなんという莫迦なんだ!!初めて話したばかりなのに!!
 すると、「ええ〜、う〜ん・・やってみようかな?」
 それを聞いた俺は、服の上から胸をさわりました。なんの抵抗もありませんでした。

 服の中に手をいれ、しばらくもんだあと、立って、と言ったら立ってくれたのでパンツの中に手を入れました。
 美奈の方は声を押し殺していたようです。そして、初めて入れました。なんか両親に悪いような気もしましたが、きもちいい〜。

 中出しはやばいかなと思い、口の中に出しました。そしたら、飲んでくれました。

 ああああああああああああああああああああっ!!!!!
 と言ってしまいました。
 なんかめちゃ恥ずかしかった。

 終ったあとに、「付き合って」っていわれました。
 もちろんOKしました。
 今では美奈もいっぱいあえいでくれるので、うれしいです。

エロ美(ビ)ボディ

陽菜ちゃんは、20歳の女子大生です。有名アイドル集団の、こ●はる似で、カラダの軟らかさはピカイチなんです。陽菜ちゃんは、彼氏のいない推定Fカップ! すばらしく均整のとれたエロくて、美しい「エロ美(ビ)ボディ」の持ち主でもあります。ふとした表情がこ●はる似なところも、暴れたムスコをさらに刺激しちゃうでしょう。フェラしたお顔をアノ娘にかさねあわせながら、たかぶるキモチをイッキに爆発させちゃいましょう!
この動画をダウンロード
陽菜  / 

動画提供サイト Hey動画




会社の寮で彼氏と

水曜日は彼氏が休みの日なので、うちが仕事終わったら迎えに行くからご飯を食べに行こう! と約束しました。
 会社帰り、車で迎えに行ってファミレスでご飯を食べに行きました。8日ぶりに会うと、照れもあったりしました(^-^;)

 前に「今度会ったときに、えっちぃことして欲しい!ちゅ〜だけでも」と言ってたので、車に乗った彼氏から突然ちゅ〜されてびっくり! しかも、彼氏の寮の前だってのに(^-^;)
「車が来てるから!」と言っても「大丈夫、見えないって。」と言われ、ちゅ〜しましたけどね(^-^)

 ご飯を食べ終わってから、彼氏はビールを飲んでいたので眠いとか言い出すしで、彼氏を送りに行きました、もっと遊びたかったのに・・・
 彼氏の部屋に入れないと言われていたんです、お偉いさんが来てるから、女人禁制の寮に入るのを見つかったら、追い出されるんで(^-^;)

 でも、ちゅ〜だけじゃ物足りないやらで、うちがごねてしまったんです。
 彼氏も困りは果ててしまい、「じゃ、見つからないようにね」と、駆け足で部屋に潜り込みました。

 そして、お風呂に入るよって、全裸で待っていた彼氏が、うちが下着を脱いでいる布団の足下から入ってきて、まだ体半分布団に入っていたうちに抱きついてきたんです、そして、押し倒され〜

 胸を揉んできて「久々のおっぱいだ〜(笑)」ってもみもみされ・・・
 後ろから揉まれたり、大きくなったおちんちんをお尻にすりすりしてきたり・・・

 彼氏と向き合う状態になって、大きくなったおちんちんを触ってたら、我慢できなくなった彼氏が入ってきたんです!
 もう、声が出そうなぐらいでしたが、我慢しながら堪能しました。

 久々のえっちぃで、右足のふくらはぎがつってしまったままのえっちぃでしたが(^-^;)

 彼氏も溜まっていたのか、早かったです・・・
 でも、うちも2回戦出来る状態でなかったんで(笑)

 27歳にして門限がある家なんで、帰ると言うと、なかなか帰してくれない彼氏と今度は12月2日に会う予定です。その時は、じっくりゆっくり、彼氏のおちんちんを味わえるぐらい、ゆっくり楽しみたいと思います。

 一番は、彼氏の部屋に泊まれたらいいんですけど、最近はお偉いさんが来るので、泊まれないのが悔しいですが、来週は泊まりに行こうと思ってます。

 今度、彼氏に会いに行くときには、えっちぃ本を持て行こうと!
「少女の季節」咲香里/笠倉出版社
「太陽が落ちてくる 全3巻」咲香里/笠倉出版
「お嬢様も魔女」B.たろう/ワニマガジン社
 咲香里さんの本は大好きなんです、絵がかわいいから! そして、内容もかなりえっちぃです(笑)

 B.たろうさんは、ネットで知ったマンガ家さんで、絵がかわいいけど、えっちぃはソフト系って感じです(うちの見方で)。
「少女の季節」は成年マークがついてないんですが、咲香里さんも大丈夫か〜?と心配されるほどの本です(^-^;)


 今日、「源氏物語」1〜2巻を買ってきました。江川達也/漫画 で、結構えっちぃらしいんですが、その通りでした。でも、源氏物語ってそういうもんでしょう?みたいなものもあったんで、抵抗無しです。

 「あさきゆめみし」大和和紀/漫画 も買って読みましたが、綺麗すぎる・・・と思っていたので(^-^;)
 それで、源氏物語を読んでいるうちに、「彼氏に入れてもらいたい・・・」とか思っちゃって、メールしたんです。
 メールでのやり取りはこうです・・・


うち「月曜日に会えるかな?会いたいな〜そして、Kちゃん(彼氏)の硬くて大きなおちんちんで奥をガンガン突いてアンアン言わせて〜!なんて言ったらどう?イヒッ!」
彼氏「そんなこと言ったら入れるぞ(^0)=3 副社長が帰れば大丈夫だよ(^0^)/」
うち「今すぐに入れて欲しいな、そして気持ちよくさ・せ・て〜!月曜日に帰る予定だったよね?帰ったら速攻メールしてね(^3^)-」
彼氏「はーい!速攻チンポ入れるよ・・・いやいや、メール入れるよ。」
うち「入れるとか言われたら感じちゃう〜(^-^)えっちぃ事行っちゃうのは源氏物語(漫画)を読んでからなの〜、そしたらKちゃんに入れてもらいたくなっちゃったの!」
彼氏「入れる(^_-)-☆」
うち「そんなこと言われたら、我慢できなくなっちゃうよ〜(>_<)うちから言い出したことなんだけどね(^^;)ドキドキして体が熱くなってきちゃったよ〜」
彼氏「もう少し待っててねm(__)m」
うち「こっちこそごめんなさいm(__)m会ったらたくさんえっちぃ事するから覚悟してね(^3^)-」
彼氏「(ノ゜0゜)ノ・・・やば!」
うち「(笑)会うのが楽しみだよ!」
彼氏「犯される(_)」
うち「もう犯しまくりたいくらい、やりたいの! 硬くて大きいおちんちんを食べた〜い! だからKちゃんもうちを犯して・・・」
彼氏「犯してやる(゜▽゜)オマンコや乳首なめ回してやる(^0)=3中で出すぞ(^^ゞチンポもナメテネ。」
うち「たくさんなめて〜!おちんちんもいっぱいなめるから〜!中に出してほしいくらい犯してほしいの、めちゃくちゃにして〜!久々に飲みたいな、ザーメン・・・」
彼氏「飲ますよ、顔にかけてやるよ(゜▽゜)犯すぞー(゜0゜)\(-_-)」
うち「たくさん顔にかけて、いっぱい飲ませて〜!・・・なんか、めーるでえっちぃ事してるみたいだね(^^;)」
彼氏「そうだねf^-^;メールエッチしてるよ。もうそろそろお風呂に入るね。」
うち「ごめんなさいm(__)mうちから始まったんだよね(^^;)お風呂いってらっしゃい!」


 今、彼氏の会社の副社長が来ているので、彼氏の部屋にいけないんです・・・
 その副社長が帰る日が月曜日なんですけど、予定変更が多くて(^-^;)

 今まで、メールでこういうえっちぃ事を言うなんてあまりなかったんですけど、今回は我慢できなくって・・・

 ドキドキし始めた辺りで、彼氏のメールが来る度に感じて来ちゃって、オナニーしながらメールしてました(^-^)

 彼氏に早く会いたいです、そして、彼氏に激しく犯されてきます! うちも負けずに襲いますけどね(笑)

塾の先生と中学二年生とのH

最近塾に行く事になりました。(塾といっても講師の方のお家に行く方なんですけどね)

 先生は20代の方でとっても教えるのが上手くて、優しい方なんです。(なんかのろけっぽくてゴメンナサイ)私は塾の日だけ部活を休んで塾に行きます。
 生徒は5人位で、数学を教えてもらってて、質問があれば先生に聞くっていうシステムなんです。私はどうしてもワカラナイところがあったので聞いてみるともちろん答えてくれますよね?

 で、その後に耳元で「凛子ちゃんって結構おっぱい大きいね」って言われちゃいましたv

 前々からカッコイイと思っていたのでそんなこと言われてすっごく嬉しかったので下を向いていると「後でちょっと部屋に残ってくれる?」って聞いてきました。私は黙ってうなずきました。

 それからどんな問題をしたかは全然覚えてなくてあっという間に終わりの時間になってしまいました。みんなが帰って部屋には私と先生だけになりました。
 先生が後ろからいきなり抱きついて首元にフッと息を吹きかけます。
 いきなりだったので私がビックリしていると先生が「俺、凛子ちゃんの事すきになっちゃった」って言うんです。

 私が振り向こうとすると先生が顔を近づけてきてキスしてきました。最初は優しいキスでしたがだんだん激しくなって舌を入れてきました。キスの事ばかり考えていたので先生の手が最初どこにあるかなんて考えられなかったけど激しいキスになってから先生の手は太ももの辺りを触っていたはずなのにいつの間にか下着を脱がそうとしているのに気がつきました。

 私はなんとか振り切って先生の前に倒れました。

 先生は「ゴメンね」と何回も何回も謝りました。私はそんな先生を見てかわいそうになり「やらせてあげても良いよ」と言いました。
 けど両親の事が気にかかり聞いてみました。
 すると「大丈夫だよ。君のご両親には俺が話しとくから」って言って私を後ろから抱きしめてキスをしました。

 それから私はお風呂に入って体を綺麗にしました。先生の部屋に行くと大きなベットが1つありました。
「そこに座って」と先生が言うので座ろうとしましたが座る直前に抱きしめられベットに押し倒されました。ミニスカをはいていたのですぐ下着と一緒に脱がす事ができたみたいですぐに先生のを入れてきました。

 まだあんまり濡れていなかったのですっごく痛かったので先生はぬいてから丁寧に舐めてくれました。
 我慢できずに「アハッ…アン…」と声を出してしまいました。

 舐めながら先生が意地悪な事を言ってきます。
「声が可愛いv」とか「汁があふれてる」とか…。
 私のアソコがしっかり濡れたのを確認して先生は入れてきました。
 私は気持ち良くて一生懸命腰を動かして先生をいかしてあげました。

 その日から先生は私の体の彼氏になりました!

 ソレからも何回かSEXしたこともありますよv 絶対外で出してくれるので安心ですvV

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-12 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close