無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

童貞の22歳と、いきなり4発では物足りない女

私はバツイチの34歳のOLです。前から目に付けていた22歳の後輩のM君を上手く誘い出だす事に成功し、2人でお食事へ。
 食事の後、軽くお酒を飲める店に行きました。
 
 私は結構飲めるタイプですが、彼は殆どお酒は駄目な様でした。
 酔った勢いで私も大胆になり、彼の私生活を色々と探り、失恋ばかりの童貞君だと分かり、益々大胆に。同僚のSや他部署の課長に付き纏われたりと私の私生活も。

 離婚してから4年間、セックス無しの寂しい生活。言い寄って来る男は私の体目当てのエロイ奴ばかり。益々純粋なM君を可愛く思い、「私で良かったら、教えてあげる。」と彼とラブホへ。

 ラブホへの途中のタクシーの中で彼のアソコを運転手に分からない様に触ってみたら、もう爆発寸前。私も久々のエッチなので何だかソワソワ。

 ラブホの部屋に入った途端、私の方から早々ディープ・キスを。もう自分を抑える事ができません。
 彼も鼻息が荒くなり、私を夢中でベットに押し倒しました。もうワクワク・ドキドキで私のアソコも疼き始め、段々熱くなってきました。

 彼は早々、全裸になり、服を着たままの私の上へ。彼は凄く硬く熱くなったアソコを、私のお腹の上に押し当ててきます。
 私は彼にキスをされながれ、ブラウスのボタンを外され、ブラの上から激しい愛撫。

 私も夢中でお腹を彼のアソコに激しく押し当ててました。気が付くとお腹が生暖かくなっているのに気づきました。彼は私のスカートのお腹の所に射精。

 懐かしい精液の臭いに私は熱くなり、急いで全裸に。
 アソコはヌレヌレ。

 彼のアソコが元気なうちに、フェラの開始。先っぽから出ている先ほどの精液の名残を楽しみながら、舌先で攻めているうちに2度目の射精。

 彼が休んでいる間、未だ満たされていない私は、彼の前でオナニー。
 人前のオナニーは結構、興奮します。
 彼に私の熱くなったアソコを見せつける様に。

 興奮して来た彼が、再び私の上へ。今度は準備OKの私のアソコに行きなり挿入。激しく腰を使い、あっと言う間に3回目の射精。
 スキンも付けずに中に出されて少しショックでしたが、私も夢中でそのまま彼の上に跨り、4回目の射精。

 その後、一晩中10回くらいしたかな。最後の頃、彼は射精しても透明な液体が少しでるだけでしたが。
 朝には私も彼も精液やラブジュースで全身ヌルヌルでした。

混浴温泉で彼が見知らぬ男に私を差し出して

28歳独身のH美です。いろいろ読ませていただいてるので私も感謝の意味で投稿します。

 神奈川県の混浴温泉に行った時の事を告白します。ここの温泉は、入り口は男女別ですが、中で一緒(混浴)になるもので、屋根は付いているものの半露天って感じなんです。

 湯船は大きなものが一つとその上に箱型のものと二つ在り、この箱型の湯船の右側は夜には薄暗いHなポイントになります。

 11月の在る日に私達はここに一泊しました。日帰りも出来ますが、ゆっくり温泉とHを楽しむ為に一泊にしました。

 私達が温泉に入った時に中には男の人が4人程入っていましたが、やがて男の人二人が出て、中には私達二人と男の人二人になりました。男の人二人は大きな湯船の方に入っていましたが、私達が箱型の湯船に入ると、一人が箱型の湯船に移って来ました。

 彼はそれを合図にでもしたように私に触り始めました。
 足先から太腿へ、そして一番敏感なあそこへと進むにつれて私の息も荒くなってきます。

 初めは離れて入浴していた男の人も彼の愛撫に漏れる声に少しずつ近づいてきて、やがて肌が触れるくらいすぐ後ろまで寄って来ました。すると彼は座ったまま私を抱え、跨がせながら挿入してきました。

「見つかるヨ〜」って云ったのですが「いいから、いいから」とズンズン下から突き上げてきます。

 見られてしまうし、別の湯船の男の人に気付かれるかもしれないと思うヒヤヒヤもんでしたが、いつもと違う彼の突き上げにもうどうでも良い気持ちになってきてしまいました。

 やがて後ろの男の人が「見てていいですか」と声をかけてきました。
「いいっすヨ、触ってもいいよ」と彼は答えながらチ○チ○を抜き、私のお尻を男の人の方へさもどうぞって感じで向けました。

 男の人は後ろから鼻息も荒く一直線に私のあそこへ手を廻し、痛いほどかき回していましたが間もなくイキそうになったのか、入れていた手を抜くと私の体に貼りつくようにしながら湯船からでました。

 見ると男の人のチ○チ○は今にもハチキレそうなばかりです。
 すると彼はその男の人にそっとゴムを手渡しました。
 男の人は何かにとりつかれたように、無言でゴムを付けながら再び湯船に入ると私の後ろから入れようとしました。

 しかし、焦っているのかアナル、会陰を突くだけでなかなか入ってきませんでしたが、じれている私に彼が察したのか、男の人のチ○チ○を導き挿入させました。

 もうすでに彼に入れられ、男の人にいじられたオマンコは洪水状態で水の中なのにすんなり迎え入れました。
 彼は「いっぱい濡れて、欲しかったんだネ」と男の人に聞こえるように囁きました。

 すると男の人はもの凄い勢いで出し入れを始めました。
「もうダメ!壊れちゃうっ」
 耐え切れずに声を漏らしたのが聞こえたのか、男の人のピストンでお湯がこぼれたのを気にしたのか、大きな湯船に入っていた別の男の人がこちらをチラチラ見始めたので、一旦は身体を離しました。

 しばらくして彼は男の人を手招きして湯船の隅に座らせると、別の大きな湯船にいる男の人との間に彼が目隠しするように座り直しながら私を抱き上げ男の人に向かい合わせにまたがせました。
 まだギンギンになってる男の人のチ○チ○は、またぐのと同時に再び私を貫きます。

 彼は男の人とつながった私にキスしながらローションをたっぷり塗った指をアナルを入れ、入れたまま私の腰をスライドさせました。
 男の人の激しい突き上げとアナルへの刺激に私の頭は真っ白になって、気が遠くなってしまいました。

Eカップサポート

心ちゃんのサポートにまたいってきましたよ♪相変わらず引き締まった健康BODYにプルプルのEカップがたまりませんね〜このカラダを武器に夏休み中荒稼ぎする女子校生!!お母さんには友達と遊ぶって言ってあるし〜☆今日もたっぷりアソコでおこづかい稼ぎ頑張っちゃう〜〜♪18歳のヌレヌレアワビに生ハメ中出し!!! 
この動画をダウンロード マン毛整え→手マン→バイブ→縛ったり、3Pフェラ攻撃→正上位で1回戦目→目隠し→正上位→いろんな体位→中出し T151cm 88cm-60-88 ★画像一括ダウンロード有り
この動画をダウンロード

直径45mm 長さ210mm vol.1

 こないだ友達と都内のとあるクラブに行った時、彼女の大学の友達で20歳の白人の男の子を紹介されました。程よいブロンドで、きれいな青い目で、可愛い笑顔の声がセクシーな男の子でした。(仮名トム)

 ほとんど英語でしたが、英会話を勉強しているのでそれなりに会話がはずみ、お酒を飲む量も多くなり盛り上がってきました。
 そして踊りも楽しみ、酔っていたので友達と彼と私のマンションに帰ることになりました。

 かなり話は盛り上がっていたけど、トムは途中でシャワーを借りて戻ってくると(踊って汗だくだったらしい。)、いつのまにかソファーの上で寝てしまいました。
 その時に見た、鍛えられたトムのたくましい腕にドキッとしてしまいました。。。

 結局友達はタクシーで帰宅してしまい、起きるまで彼をそっとしておく事に...
 布団をかけてあげた後、私もシャワーを浴びてリビングの電気とロウソクを消そうと戻ったところ、トムが起きてビールを飲んでいました。

 寝ていると思ったので、バスローブ姿だった私は「あ、ごめんなさい!」と言いました。少し電気が薄暗く、ろうそくの明かりの中で、ソファーに座っていた彼は「気にしなきていいよ。」と少し大人びたような笑みをしました。

 とんとんと手でソファーの座るところを軽くたたくと、「隣に来てよ。」と言いました。
 二人っきりだし、バスローブ姿でしかもノーブラで恥ずかしかったけど、どこか心の中で何かおきないかな。。。なんて思っていました。

 あまりくっつかないように隣に座ると、「まだ髪が濡れてるね。。。いい香り。」と少し顔を近づけてきたので、心の中を読まれたか!? と思いごまかすように、軽くBGMをかけて私もビールを飲みました。

 落ち着いている彼は、私の様子を楽しむかのように、肩に軽く手をまわしてきました。
「実を言うとさやかと二人きりになりたくて、寝たふりしてたんだ。ごめんね。」と言って見つめると、突然手を強く握って首筋にキスをしてきました。

「ア...トムだめだよ。」と言って手をはなそうとしたら、「怖がらないでよ。」とまた手をつかんで、今度は強引に唇を重ねていました。そして私の顔を引き寄せて、舌を入れてきました。だんだん私から力が抜けてくるのがわかると、強く舌を入れてきて、時には唇を味わうように強く吸ったり、お互いに舌とつばを絡ませていやらしい音を立てて、キスだけで気が遠くなりそうでした。

「アア。トムだめ。。ああ。」
その時には私のバスローブの紐が少しほどけて、胸の谷間が見えそうでした。

「さやかのキスはセクシーでスイートだね。」というと、さっき出しておいた目の前にあるコーヒーテーブルの上にあるイチゴをとると、クリームをつけて、私に口渡しをしてきました。

「グチュ、ジュルジュル。」激しいキスのせいで、最初は形のあったイチゴが、お互いの口の間でだんだんジュースを出して唇と一緒に口の中でグチョグチョになっていくのがわかりました。

「トム、やらしいよ。感じちゃう。」そしてトムは滴り落ちるジュースとクリームを舐めました。
 そしてもっとクリームをつけた2個目のイチゴを半分だけ噛むと、なんとバスローブからはだけそうな私の胸の谷間に転がし、落としました。

 少しずつバスローブを脱がすと、はだけた私の胸にクリームがたれていきました。
 そしてトムがイチゴを食べると、残りのクリームをもっとたらしてきました。。。

もっと色々愛撫して欲しいのに、なかなか先に進んでくれないトムはキスをして、首筋から、ゆっくり私の胸の周りから舐め始めて、円を描くようにだんだん乳房から、そして乳首とクリームを味わうように、私の顔を見ながらペロペロと舐めました。

「ア〜ああ。いい。アア。」
 笑みだけ浮かべると、言葉も少なく、チュパチュパと乳首を強く吸い始め、そして時には軽くかんだりしました。
 片手で、胸を揉むと、トムもだんだん燃えてきたのか、Tーシャツを脱ぎました。

「今夜は寝かせないよ。。。」と言い、少し日に焼けている鍛え上げた、胸板の厚いトムのきれいな上半身が見えました。腰の筋肉を見て、かなり興奮してしまいました。すでにその時はジーパンの下から、彼のあれが大きくなってるのがわかり、ベッドに抱えられるようにして移動しました。。。。

 トムはさっきと違い、突然荒くなってきました。
「ア!いや。」
 そしてバスローブを一気に脱がしました。そして壁に強く押してきました。。。

 そして、パンツだけの姿にした私を楽しむかのように、激しいキスをしながら立ったまま、片足を抱えてパンツの間から、あそこをまさぐる様に、指を入れてきました。
「あああ!!いや〜!!うううあああ!」

 続きはまたすぐ書きますね。お楽しみに。

主人と離婚して3年

 私は、37歳、バツイチOLです。主人と離婚してから3年ほどたちますが、セックスはなく、オナニーばかりしています。
 先日の新年会のあと、一気に爆発してしまいました。

 新年会は取引先の企業と一緒に行いました。結構遅くなってしまい、タクシーで帰るしか方法はありません。帰る方向が同じだった取引先のTさんと一緒に帰ることになりました。

 Tさんは一緒に仕事をしたり、みんなで飲みに行ったりしているんで、特別な感情はありませんでした。でも、Tさんが「どうせ遅くなったんだから僕の知っている店に行こう」ということになり、「明日は休みだからいいや」と思い、OKしました。

 行ったところは、ハプニングバーでした。でも、私はそんな店があることは知りませんでした。ビルの地下にある会員制クラブという感じで、入口でマスターがTさんの会員カードのようなものチェックしていました。

 入口近くには、カウンターがあり、そこで2人で飲み始めました。カップルの人もいましたし、一人の男性の人もいました。
 しばらくすると、ママがあちらで「やっていますよ」とTさんに声をかけました。Tさんは私を連れて少し店の奥のほうに連れて行きました。

 そこは壁にマジックミラーがあり、中はベッドルームでしたが、そこでは1人の女性と3人の男性がセックスをしていました。私は普通のバーだと思ってきたのにびっくりしましたが、私はそもそもレイプ願望があり、オナニーの時も多くの男性に回されることを想像しながらすることがよくあります。実際はもちろん経験はありませんが。

 でも、目の前で見て、おまんこが濡れてくるのがわかりました。
 私は冷静を装いながら「すごいですね」と言いながらかなりドキドキしていました。

 その後、カウンターではなく、ソファのある席にTさんと座りました。
 Tさんが「どうだった?」といって手を握ってきました。私はもう手を握られただけ感じてしまいました。

 私の頭の中には、先ほどの4Pが離れません。キスをされ、ブラウスを脱がされ、おっぱいを揉まれたり、舐められたりしました。
 何人かの男性がこちらを見ていました。すぐ近くに磔のようなものがあり、私はパンティ1枚の姿で大の字に固定されてしまいました。

 その時にはじめて気がついたのですが、秋以降、腋毛の処理を全くしていなくて・・・。でも、磔にさせられると丸見えです。

 Tさんも、「腋毛がいやらしいですよ〜」と言って私の脇を舐めたりします。
 遠くで見ていた男性たちも、近くに来て、Tさんに促されて、私の体を触ったり舐めたりしてくれました。

 みなさん普通のサラリーマンという感じの方でした。Tさんが、「もうパンティ濡れ濡れだね」といってパンティの上からおまんこを触ります。

 私はセックスする相手もいないのに、Hな下着が好きでいつも横紐のパンティをはいています。いつもはこの紐を男性にほどかれるのを想像してオナニーしながら自分で解いています。
 そしてついに、Tさんが横の紐を解きました。

 全くの全裸です。男性たちは下から私のマンコを見上げています。私は、見られているだけでいってしまいそうになりました。

 Tさんに「チンポちょうだい」ってお願いすると、Tさんは「さっきの人のように、みんなで犯してあげようか?」と言ったので「お願い、犯して!」と思わず叫んでしまいました。

 そして磔をはずしてもらい、じゅうたんの上に横にされました。
 男性たちはあっという間に服を脱いで、私を襲ってきました。ママがコンドームをたくさん持ってくるのが見えました。

 いつもオナニーの時に想像していたものが、現実になりました。約3年ぶりのセックスがすごいことになりました。

 頭の中は真っ白、夢か現実かわからないという状況でした。
 その時、男性はTさん以外にも5、6人いましたが、みんな全裸で私のまわりにいます。

 私は仰向けに寝かされ、一人がすぐに入れてきました。
 誰でもよかったのです。チンポがほしかった!
 3年ぶりのチンポです。うれしかった。涙が出てきました。
 女というよりもメスに戻った感じでした。

 おまんこに入れられながら、顔を横にして別の男性のチンポをくわえています。両手もまた他の男性のチンポを握っています。最高4本のチンポが私のものです。
 一人がいけば、また誰かがチンポを入れてくれます。私はいきっぱなし。

 フェラチオで口の中に出す人もいます。でも、セックスをしながらのフェラチオなのでしっかりくわえてないので口からこぼれて顔にかかったり・・・。
 でも、拭いている暇などなく、私は犯されているという感じでうれしかった。

 その格好を見たからなのか、ある人は、コンドームの中のザーメンを私の口の中に垂らしてきました。口の中にも入り、少し飲んだりしたけど、顔にかかったり・・・。

 Tさんも立派なものをいれてくれました。
 どのくらい時間がたったのかわかりません。2回した人も何人かいたようです。

 私はふらふらになり、体中ザーメンだらけでした。心の底から幸せを感じて放心状態でした。
 その後、Tさんがシャワールームへ連れて行ってくれて綺麗に洗ってくれました。うれしくてまた涙がこみ上げてきました。

 Tさんはなぜ、泣いているのかわからないようだったので、3年間セックスなしで、いつも犯されることを想像しながらオナニーしていたことなどを話しました。
 狭いシャワールームで二人とも裸だったので、また、私はほしくなってしまい、Tさんに入れてもらいました。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2010-08 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close