無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

妖しい恋のはじまり その2

でも、彼女はそれがたまらなく恥ずかしいらしく、足を閉じようと必死です。吸うのを辞めるとおとなしくなりました。
 今度はクリトリスを除く、アソコの部分を時計の方向にくるくると位置を移動しながら舐めまわします。またビラビラの外側とクリトリスの上の陰毛部分だけを舐めてクリトリスをじらします。
 たまに頬や鼻がクリトリスに触れると大きな声で「あん、あん、あぁー」と叫び時々「ねぇ、ねぇ」と叫んできますが「何?」て聞くとその次が出ません。
 きっと「ねぇ、ねぇ」の後には「早く舐めて」と言いたかったのでしょう。

 割れ目の中にも舌を滑り込ませ、下から舐め上げます。でもクリトリスは舐めません。散々舐めまわし、あと残ってるのはクリトリスだけです。
 唇でクリトリスをかぶせるよにして、あとは舌が触れればいいだけにして、それでも舐めません。
 もう彼女は腰が微妙に動き出しています。かなりじれてるのがわかります。

 いよいよ、クリトリスに微かに舌先をくっつけては離します。
 まだ舌は動かしてないのにそれだけで、彼女は「ああああぁぁぁぁぁー」と悶えています。
 いよいよ、クリトリスにハエが止まるような舌先チロチロ攻撃です。彼女の体が快感に震えるのが分かります。
 チロチロチロチロ、レロレロレロレロ・・・・・
「あっ、ああぁー、あっ、あうん」
 彼女はかなり敏感に感じています。
 まだイキそうもないのに足がひとりでに閉まってきて舐めにくいです。

 また優しく足を広げ、またチロチロ、レロレロします。
 今度は舌で軽く引っ掛けるようにクリトリスをペロペロ舐め上げます。彼女は「気持ちいい〜」「ああぁ、ああっ、凄く気持ちいい」って叫んでます。
 これが「エッチでなかなかイケない」って言ってたコかと思うくらい敏感に感じてくれています。
 それからは舌でクリトリスをグリグリ回すように舐めたり、唇で撫でて上げたりチュッって吸ってあげたり、そうしてるうちにどうやら、のぼりつめて来たのが分かりました。彼女は『もしイケたら、イク時はイクって言いたい』って言ってたのに言いません。
 でも、これはイクなってのが分かったので、唇でクリトリスをグリグリ撫でては舌を出して引っ掛けるように素早く優しく舐め上げました。

 そうしたら足を強く閉じて僕の顔を挟みながら彼女は「…あっ…はぁ、はぁ、…やっ…いぃっ…あんっ、いいよぉ…、っくぅ…やぁん…だめぇ…あぁん、ぁあ、あぁぁ…ああぁぁぁん」と叫ぶような声でイッてしまったようでした。

 続けて舐めても、嫌がるし、きっとイッたなって思って舐めるのを辞め、正常位で挿入しようとしましたが、前日に別の女の子と一晩5回戦をした直後の僕の方に問題があり断念。
 それとエッチと言うのは不思議なもんで素敵な相手だから余計緊張すると言うことがあるんですね。諦めて、抱き合いました。どうやら本当にイッてくれたようです。

 抱きしめながら、何回もキスしました。
 彼女の舌は大胆に、何度も僕の中に入ってきました。キスだけで興奮してしまいます。とても素敵な人です。
 でも、時々見せる、ふとした冷たい顔に不安がよぎります。

 それから、僕は何回もイカせてあげたくて、それに挿入できればしたかったんで何回も乳首とクリトリスを舐めてあげました。
 恥ずかしがる彼女を説得してしたシックスナインは最高だった。僕も感じまくりで、何度か声も出てしまいました。翌日の午後まで彼女は何回も絶頂を迎えました。
 本当にイケなくて悩んでるのか信じられない状態で、とても感じやすいので、驚きました。

 彼女も、一生懸命、僕の情けない○ンポを上手に舐めてくれて2回ほど挿入もできましたが、緊張のほぐれない僕はイキませんでした。そのことだけが逆に申し訳ないくらいに、素敵な人でした。
 僕には夢のような一晩でした。
 それから、しばらく、僕は彼氏の居る彼女にメロメロになり、久しぶりにエッチから始まる愛情を経験したのでした。彼女は僕のクンニで何回イッてくれたでしょうか?
 逢ったのは4〜5回でしたが、きっと20回くらいは気持ちよくイッてくれたと思います。
 2回目に逢った時は挿入も上手くいき、優しいピストンで簡単にイッてくれました。
 特に彼女とのシックスナインは最高で、恥ずかしがる彼女がいとおしく、舌と唇で何回もイカせました。もう彼女のアソコは濡れ濡れで、シックスナインするとビクンビクンと感じながら僕の○ンポもいっぱい舐めてくれて、とうとう飲まなくていい精子も飲んでくれました。
 とっても愛情を感じて幸せでした。
 僕も彼女と会う為に、東北出張から車を飛ばして1日で900KMも激走したりしてほんとに好きでした。
 彼女もメールをくれるたびに「大好き」「早く逢いたい」って書いてくれて、本当に可愛い、素敵な人でした。電話で話す時にいつも「早くっ、早くっ、早くっ、逢いたい、逢いたい」って言ってくれるのがとても可愛くってたまりませんでした。この歳になるとなかなかこんなに情熱持てることなんて無いですからね。

 いくつになっても人を好きになると言うことは素敵な事ですね。だから、恋愛は辞められない。
 でも、彼女には4年半も付き合ってる彼氏が居ることもあり、彼からプロポーズされていることもあり、夏が来ると共に台風のように去っていきました。
 僕はこんな男ですから、深追いもできません。
 サザンの「可愛いミーナ」を聞くと彼女を思い出します。
 今となっては、僕の人生の1ページとしてとてもいい想い出になりました。きっとあの街に行った時、夏が来るたびに、サザンの曲を聴くたびに彼女を思い出すでしょう。今でも彼女とのエッチは忘れられないものです。出来ればまた・・・・・って思ってしまう男のさがが悲しいです。

妖しいHな恋の始まり その1

少し前の話ですが、体験談を見てメールくれた人でとても素敵な人と会いました。こんなエッチな掲示板であんな素敵な人と会う事はもう無いんじゃないかな? 感動の実話です。

 その人は30歳独身で、笑うと田中美佐子の若いときに似ていてとてもチャーミングで一目でこの人とエッチなことできるの? って感動してしまいました。
 東海地方に住む彼女からメールが来たのは5月の上旬でした。
「彼氏は居るけど、何か不安定なんで話し相手になって」というような他愛もない内容でした。
 で、よく聞いてみると、エッチでイケないのが悩みだとも言ってました。
 メール交換するたびに、『僕のことを考えたら眠れないとか、僕の事ばかり考えてる』とか・・・

 メール数回しただけで30歳の女性がそんな事書いてくるなんて信じれるわけもなく、僕は批判的に接してましたが、会ってビックリですが、彼女は本当に天然に可愛く、純粋なコでした。
 たくさんの女の子のアソコを舐め舐めしたり、エッチしてる僕が一発で心惹かれてしまいました。何の悪意もなく、何のウソもなく、本気で僕にドキドキしてくれて可愛いのなんのって・・・・・・・
 エッチの方も感度が良くて、後で聞いたことですが一晩で5回くらい僕の舐め舐めだけでイッてくれたようです。

 では、その時の様子です。
 その町で一番人気のホテルに入り、いきなりお泊り狙いで行きました。
 ベッドに座ってお話しても、緊張が伝わってくるみたいでこっちが逆に緊張してしまいました。
 僕の為におNEWの服、靴、下着をつけてくれて、美容院にまで行ってきてくれて、その気持ちだけでこっちは嬉しくなってしまいました。
 服のまま押し倒してキスを試みるのですが、そんなに乗ってはくれません。シャワーを浴びてベッドインしても堅さはなかなか取れません。でも、僕は一抹の不安があったのはこんな可愛い素敵なコ・・・・・もしかして美人局(つつもたせ)? なんてそんな事まで心配して・・・

 キスをしても中々、ディープキスは許してくれません。
 少しずつ少しずつ、唇を軽く吸いながら、時々微かに舌を出してみたり、決して無理に舌を入れたりせずに丁寧にキスをしました。すると少しずつ慣れてくれたのか、可愛い舌が出てきました。
 そうやって舌を徐々に絡めながら、やっとディープキスができるような状態です。
 かなりの長いディープキスのあと緊張する彼女の耳を舐め、うなじを舐め、浴衣を脱がせていくと大きくはないけど、形のいいバストが出てきました。

 例によって肩を舐め、乳房の周りをぐ〜るぐ〜ると回りながら舐めていきます。
 乳首には近づいても舐めません。
 鼻の頭や、頬が微かに擦れる時に「あん、あぁっ」と小さい可愛い声を出しています。声を出すのが恥ずかしいようで、とにかくはにかみやです。
 でも途中から「ねぇ」「ねぇ」と言うんですが「どうしたの?」と聞くと何も答えない。
 いつもより念入りに時間をかけて乳首をじらした後、ハエが止まるようなチロチロ攻撃です。

 でも彼女の動きを見てると、もっと強く舐めて欲しがってるのが分かったのですが、そこはまたじらします。
 乳首を押し付けてきますが、僕の舌はそれをかわし、微かにしか舐めません。
 散々じらした後、レロレロ攻撃、ペロペロ攻撃に変えると彼女は体を大きくよじりながら感じはじめました。

 乳首の舐め舐めが相当気持ちいいらしく「気持ちいい!」と言う言葉が彼女から漏れはじめました。乳首を長く舐めて上げると女の子はアソコがべちょべちょに濡れるんで、長めに舐めてあげました。

 さて、いよいよクンニに入ろうとしますが、恥ずかしがってなかなか足を開いてくれません。なんとかなだめて足の付け根から舐めていきます。
 凄い恥ずかしがりやで電気も暗く、よく見えません。
 とにかく足の間に入るのに苦労しましたが、そっとそっと足を開いてやっと間にすべり込み、太ももを丁寧に舐めていきます。だんだんアソコに近づいていきますが、まだ舐めません。
 その近くは散々舐めまわします。足の付け根とかを舐めながらクリトリスの位置を確認しょうと思うのですが、なかなかみえません。割れ目も濃い目の陰毛に隠れてる上に電気が暗いので見えません。

 だいぶ、じらした上で、アソコの左右の毛の生えた部分をペロペロと舐めます。まだビラビラにはさわりません。陰毛の真ん中に鼻を持っていってアソコの匂いをかぎ、いよいよクンニです。
 まず、ビラビラの外側を下から上にチロチロと舐めていきます。
 ビラビラが内側に押しやられる感じで外側だけが舐められて気持ちよさそうに湿り気を帯びています。
 彼女は「ああぁーっああぁーっ」と声を上げながら恥ずかしそうに身をよじります。

 今度はビラビラから下の方へ舌を這わせていきます。
 ちょうど膣のあたりを舐めるとなんとベットリと濡れているではないですか? これには正直、少し驚きました。見えないですが、僕の唇と舌には確かにトロッとした愛液が感じとれます。
 その塩味をしっかり味あわせていただくことにし、ペロペロと舐めて音を立ててズルズルッと吸ってしまいました。

街角野外アクメ

街角野外アクメ露出青姦。お口におっぱいにお顔に白濁液をぶっかけて気分爽快!マンコにローターに快楽散歩!快感露出。誰かが見てる!!だんだん気持ちよくなってきてでもっともっとみせちゃいました!!マンコ弄ばれアクメいっちゃいます!駐車場から愛を込めて、羞恥アクメです!!頭の中が真っ白!最後は青空見ながらアクメって放心状態!!真昼間から悶絶!!さぁ大変だ!!
この動画をダウンロード
本藤らら 桜井まい  /  お色気

動画提供サイト Hey動画

混浴温泉での妖しい出来事について



 神奈川県の混浴温泉に行った時の事を告白します。ここの温泉は、入り口は男女別ですが、中で一緒(混浴)になるもので、屋根は付いているものの半露天って感じなんです。
 湯船は大きなものが一つとその上に箱型のものと二つ在り、この箱型の湯船の右側は夜には薄暗いHなポイントになります。

 11月の在る日に私達はここに一泊しました。日帰りも出来ますが、ゆっくり温泉とHを楽しむ為に一泊にしました。
 私達が温泉に入った時に中には男の人が4人程入っていましたが、やがて男の人二人が出て、中には私達二人と男の人二人になりました。男の人二人は大きな湯船の方に入っていましたが、私達が箱型の湯船に入ると、一人が箱型の湯船に移って来ました。

 彼はそれを合図にでもしたように私に触り始めました。
 足先から太腿へ、そして一番敏感なあそこへと進むにつれて私の息も荒くなってきます。
 初めは離れて入浴していた男の人も彼の愛撫に漏れる声に少しずつ近づいてきて、やがて肌が触れるくらいすぐ後ろまで寄って来ました。すると彼は座ったまま私を抱え、跨がせながら挿入してきました。

「見つかるヨ〜」って云ったのですが「いいから、いいから」とズンズン下から突き上げてきます。

 見られてしまうし、別の湯船の男の人に気付かれるかもしれないと思うヒヤヒヤもんでしたが、いつもと違う彼の突き上げにもうどうでも良い気持ちになってきてしまいました。
 やがて後ろの男の人が「見てていいですか」と声をかけてきました。
「いいっすヨ、触ってもいいよ」と彼は答えながらチ○チ○を抜き、私のお尻を男の人の方へさもどうぞって感じで向けました。

 男の人は後ろから鼻息も荒く一直線に私のあそこへ手を廻し、痛いほどかき回していましたが間もなくイキそうになったのか、入れていた手を抜くと私の体に貼りつくようにしながら湯船からでました。
 見ると男の人のチ○チ○は今にもハチキレそうなばかりです。
 すると彼はその男の人にそっとゴムを手渡しました。
 男の人は何かにとりつかれたように、無言でゴムを付けながら再び湯船に入ると私の後ろから入れようとしました。
 しかし、焦っているのかアナル、会陰を突くだけでなかなか入ってきませんでしたが、じれている私に彼が察したのか、男の人のチ○チ○を導き挿入させました。

 もうすでに彼に入れられ、男の人にいじられたオマンコは洪水状態で水の中なのにすんなり迎え入れました。
 彼は「いっぱい濡れて、欲しかったんだネ」と男の人に聞こえるように囁きました。

 すると男の人はもの凄い勢いで出し入れを始めました。
「もうダメ!壊れちゃうっ」
 耐え切れずに声を漏らしたのが聞こえたのか、男の人のピストンでお湯がこぼれたのを気にしたのか、大きな湯船に入っていた別の男の人がこちらをチラチラ見始めたので、一旦は身体を離しました。
 しばらくして彼は男の人を手招きして湯船の隅に座らせると、別の大きな湯船にいる男の人との間に彼が目隠しするように座り直しながら私を抱き上げ男の人に向かい合わせにまたがせました。
 まだギンギンになってる男の人のチ○チ○は、またぐのと同時に再び私を貫きます。

 彼は男の人とつながった私にキスしながらローションをたっぷり塗った指をアナルを入れ、入れたまま私の腰をスライドさせました。
 男の人の激しい突き上げとアナルへの刺激に私の頭は真っ白になって、気が遠くなってしまいました。

中学2年の初体験について

中2の奈津実です。龍っていう彼氏が居まぁす。で、初体験を書きまぁす☆

 その日はぁ龍の家に奈津実と友達2人で泊まってて、夜遅くなり、奈津実と龍しか起きてませんでした。
 2人でこたつに入って喋ってたら、龍がいきなり胸揉んできて、奈津実はぁびっくりして、うずくまっちゃった(笑)
 奈津実が『も〜何すんのぉ〜!龍のも触っちゃうよぉ』って冗談で言ったらぁ『触ってよ』って言うからぁちょっとだけぇ龍のアレを触っちゃった☆
 ちょっとぉ硬くなっててぇ面白かった(///)

 そしたらぁ龍はぁ奈津実を押し倒してぇこたつの布団をかぶせてきて、龍はすぐぅ隣に来て奈津実の服を脱がしてぇキス。ディープキスvvv
 奈津実の体中いっぱい舐めてくれてもう声が我慢できなくって、奈津実はぁ『龍…。ダメぇ。声出ちゃうよぉ…。』って耳元で言ったら『いいよ。声出して。』って言って凄い手マンが早くなった(笑)
 友達がいたからぁ声出すわけには行かなくてぇもぅ龍に抱きつきまくって我慢我慢♪

 奈津実、本当にヤバかったから龍に仕返し♪♪♪
 龍の乳首を舐めてあげたら小さい声出して体がぴくっって動いてぇ超可愛かった♪
 そのまましたに行ってぇ龍のアレを舐めてあげたらもぅ超感じてて嬉しかったぁ☆
『はぁはぁ。オレもう我慢出来ない…。奈津…入れてもいい?』
 友達がぁ熟睡してることを確認して、『うん。いいよ♪』って言ったら、龍のがスカート履いたままのぉあたしのに入ってきて、ゆっくり動き出して。

『痛くない?』
『ちょっと痛いかなぁ…。』って奈津実が言ったら、龍は抜いてくれてぇキスとか舐めてくれたりとかぁしてくれた♪
 そしたらまたぁ入れてきて。
『奈津…大丈夫?』
『うん。大丈夫!』
 ゆっくり動いてたのがぁだんだんあ早くなってきて
『奈津…あっはぁぁはぁ。気持ちぃいい?』
『気持ちいいよぉ。もうダメぇえ…。はぁはぁあ。』
 そのままぁイっちゃいましたぁ〜☆

 もぅ最高の初体験だったぁ! その後もぉ龍とは最高のHしてまぁす☆

 | HOME |  »

Calendar

« | 2009-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close