無料
エロ
動画

一人Hの夜にさようなら・・初体験だぜbaby!

★ ひとりで悲しい夜を過ごしているあなたへ! 寂しい人はぜひ、寄ってきてくださいね。 ★

4年生でやってもよいのですか?

どうも初めまして初カキコです。私は今小学五年生です。私の初体験は小4のときでした。

 雪の降ったバレンタインデーに今まで好きだったK君に告白しました。
 即答でOKしその日K君の家に遊びに行くことになりました。
 私はゲームとかやろうと言われていたので何も疑わずにK君の家に遊びに行きました。最初のうちは、普通にゲームで遊んでいて、親が買い物に行くとK君はキスをして来ました。

 私はびっくりしましたが、なんとなくエッチな気分になってきて、あそこが濡れてきました。

 K君は私の服を脱がしてきて、ブラを外してきました//
 あの頃は確かA〜Bカップの間で、まだ膨らみ始めた頃でした。
 その胸を揉んできて、たちまちあそこはグチャグチャ。上半身裸ででは物足りないのかズボンを脱がしてきました。
 するとピチャピチャ音を立ててなめてくるのです!

 K君は『いれていい?』と聞いてくるのです。
 好奇心はあるんですけどなんとなく怖くて『えっ!あっああああああああぁ〜』とか何とか言ってるうちに入れられちゃいました。

『あああああぁ!!いた〜ぃ』
 でそのあと私はいっちゃって、K君も、それにつられて生で出されました。
 今もK君とは1週間に4かいほどやっています。
 ながくなってすみませんでした。

中に出してもよいですか?

限界おもらし女子校生と高校のときの同級生

【動画と画像の商品です】和風美人顔の美少女鳴海ちゃん。かわいいおもらし姿を披露してくれます。柔らかなニオイが漂ってきそうな柄パンツ、おしっこが滴りヌレヌレの白いハイソックスにローファー。濡れた脚を眺める仕草がまた可愛い。おもらししちゃってオロオロ濡れたパンツのまま着席。もにょもにょ感に慌てて立ち上がるもスカートに濡れジミできちゃって半泣き。萌えます。※本編顔出し
この動画をダウンロード
林鳴海  /  放尿失禁

動画提供サイト Hey動画





この夏のことです。ビヤガーデン→行きつけのバー→ラーメン屋とお決まりのコースで、さぁ帰宅というところで向こうから偶然に高校のときの同級生に会いました。

 彼女の名前は「ゆか」と言って僕のほうが一方的に憧れていました。でも結局言い出せなくて終わってしまいました。
 ゆかもこれから帰るところでしたが、懐かしくて喫茶店で話すことにしました。
 今は僕もゆかも家庭を持って子供もいます。ゆかは短大を出た後、中学校の保健の先生になったようです。

「えーー、ゆかが保健の先生。そりゃあ、生徒、保健室に寄り付かないんじゃないの?」
「何言ってんの、その逆よ。毎日、私の顔見に、男の子がいっぱい来るんだから。」
 お互い酔ってますから大きな声でばかなこと話していました。
 僕は、この雰囲気だったら昔ゆかのことが好きだったと言えるなと思って、ゆかに言ったのです。
「俺、高校のとき、ゆかに憧れてたんだ。クラスが変わってもずっとゆかのこと見てたんだ。特にゆかの体操服姿が好きだったな。」
 すると今まで大きな声で話していたゆかが急に神妙な顔をして、
「えっ、本当?実は私、あなたのことずっと好きだったの。どうしても言えなくて友達にも相談したんだけど。それで卒業式の日に告白しようとしたら、あなたもう大学に行っちゃったらしくて・・・・」

 それ聞いたときに僕はあの時勇気がなかったことを後悔してしまいました。あの時、告白してたら憧れのゆかと付き合うことができたのですから。
 その話から、酔いも手伝ってホテルに行くことになったんです。
 高校生の時に憧れていたゆかは本当に天使のようでした。抱いたときの柔らかな感触は一生忘れないでしょう。

 脱がしていくうちに「あぁ、これがゆかのパンティー」「あぁ、これがゆかのブラジャー」「あぁ、これがゆかのおっぱい」「あぁ、これがゆかの・・・・」とひとつひとつが感動でした。
 ゆかも本当にていねいに僕のを愛してくれました。

 そして別れるとき、思い切ってゆかに「ゆか、もう会うこともないんだよね。記念に今日、ゆかがはいていたパンティーくれないかなぁ」と言ってみました。
 絶対断られると思いましたが「えーー、恥ずかしいな。奥さんに見つからないようにしてよ」と言って紺のパンティーを僕に渡してくれました。
「ありがとう。一生の宝物にするよ。」と言ってゆかが渡してくれたパンティーを臭いました。
 すると「恥ずかしいから私の前で臭うのはやめて。」と言いました。

 あれからゆかには会っていませんが僕には宝物があります。絶対に見つからないところに隠してあります。これから時々出して思い出に浸ろうと思っています。

同僚とのH その二回目

同僚の久美子とのSEXを思い出すと興奮する。
 会社の廊下で誰もいないのを確認して、制服のスカートの中に手を入れる、制服の襟から手を入れて乳首を揉む。
 本人も興奮すると言っていた。
 その日の夕方はもうすっかり準備ok。

 指フェラが好き、お互いに指フェラをしあう。片手は乳首をひねる。小さな形のいい乳首は、今まで経験したこと無いくらいに硬くなる。とにかく硬い。びっくりするくらい。
 フェラはあまり経験が無いみたい。かえって、ぎこちなさがたまらない。少しずつ教えて、最後はキンタマを口に含み上手に転がすようになった。本人もキンタマが好きだと言っていた。

 チンポの尿道が珍しいらしく、尿道口を両手で開いたり閉じたりが好きだ。我慢汁が出てくると次々に舐め取ってくれる。
 ただチンポを入れて腰を動かすだけならオナニーみたいなもの。興味が湧いてきてとにかく時間をかけておもちゃにする。

 アナルを舐められたことも無かったみたい。皺の少ないアナルの中に思いっきり舌をさし込み、指マンされるのが好きみたい。
 久美子の愛液は不思議と生臭くない。さらりとしておいしかった。クリトリスは小さくて隠れている。指で広げるとやっと顔を出す。強く吸うと痛がるのでゆっくり吸う。加減が難しかった。

 首廻り、耳の廻り、太もも、背中、体中にキスマークをつけると、朝出勤する時、化粧で隠すのが大変だと言っていた。
 色々と思い出すけど、人妻になった今でもキンタマを口に含んでいるのだろうか?

 | HOME | 

Calendar

« | 2009-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

--> --> --> -->

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close